東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

法定後見を利用するにあたって、親族が後見人等になりたい場合、必ず選任してもらう方法はありますか?

親族が後見人等になることは可能ですが、誰を選任するかは家庭裁判所の判断になります。

現状、家庭裁判所としても、親族を後見人等に選任することに積極的であると感じますが、以下にあげる「親族間の事情や候補者自身の事情」、「被後見人と候補者との関係性等」によっては選任されないこともあります。

なお、候補者が後見人等に選任されなかった場合、家庭裁判所の判断で第三者が選任されることになりますが、その場合に申立て自体を取り下げることはできません。

① 本人の親族(推定相続人)が反対している場合

申立てに際し、本人の推定相続人が「後見制度を利用すること」、「後見人等に候補者が選任されること」についてどう考えているかを記載した「親族の意見書」を提出する必要がありますが、その中で一部の親族が、候補者が後見人等に選任されることに反対している場合。

(※)「 親族の意見書」が提出されていない推定相続人には、申立て後、裁判所から直接意思確認が行われる場合もあります。

② 候補者と本人の間に問題がある場合

候補者に記載された親族が、本人に対して身体的・経済的な虐待をしていた場合など、本人との間にトラブルを抱えている場合。

③ その他

候補者の住んでいる場所が本人とあまりにも離れている、候補者が重い病を抱えているなど、今後、継続的に後見業務が行えるか疑義がある場合。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A