東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

相続放棄をした場合、お墓を継ぐことはできないのでしょうか?

継ぐことができます。

お墓(墓地・墓石)、仏壇などは、民法上の祭祀財産(さいしざいさん)に該当し、相続財産に含まれません。

よって、相続放棄の影響は受けず、また遺産分割の対象にもなりません。

通常、祭祀財産は、被相続人が遺言で指定した場合などを除き、祭祀の主催者が承継することになっています。

なお、この祭祀の主催者は、遺言で指定されていない場合、慣習に従って決まります。

参照条文

相続の一般的効力

民法第896条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。

ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

祭祀に関する権利の承継

民法第897条 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。

ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A