東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

生命保険金は、特別受益に該当するのでしょうか?

生命保険金については、保険契約に基づき受取人が直接取得するものであり、民法の特別受益に規定される「被相続人からの贈与」ではないため、原則、特別受益に該当しません。

しかし、判例は「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には、同条の類推適用により、当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持ち戻しの対象となると解するのが相当である。」(最判平成16年10月29日)と判示しており、“ 共同相続人の間に生ずる不公平が到底是認できないほど著しい場合” は、特別受益に準じて持ち戻さなければならない可能性があります。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A