東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

相続した底地を売却したい場合、どうすればよいのでしょうか?

底地を取得した相続人が、地代が極端に低い場合や、固定資産税の負担が大きい場合、相続した底地の売却を希望するケースがあります。

底地は所有権であるため、借地権と異なり、第三者の許可なく自由に売却することが可能です。

しかし、底地には、借地借家法上の「借地権」が設定されていて利用が制限されるため、底地の買取を行っている一部の不動産業者などを除き、地代の金額(利回り)が高くない限り、第三者が購入してくれることはあまり期待できません。

ただし、借地人の状況によっては、以下のいずれかの形で話がまとまるケースもあります。

① 借地人に買い取ってもらう

借地人からすれば、底地の所有権を取得することで、土地と建物の両方の所有者となるため、資産価値が高まり、また、将来の地代も発生しなくなるため、購入価格次第では大きなメリットが生じます。

② 借地権を買い取る

借地権を買い取ることで、借地権の負担がない土地になります。

買取金額にもよりますが、以下の見通しがつく場合は、借地権を買い取ることも検討できます。

なお、「底地の売却」or「借地権の買取り」の方針の決定については、結果的にどのようなメリット・デメリットが生じるかを総合的に判断する必要がありますので、一概にどちらが良いとは言い切れません。

また、判断を誤ると、資産状況の悪化を招いてしまうこともありますので、事前に信頼のできる不動産業者などに相談をして、方針を決定した方が良いでしょう。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A