東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

相続登記をする不動産の登記記録上に、完済した住宅ローンの抵当権が残っている場合、どのように対応すればよいのでしょうか?

相続登記を行う不動産について、すでに完済した住宅ローンなどに関する抵当権が、抹消されずに登記記録に残っていることがあります。

意外に知られていないのですが、抵当権は、債務を弁済した場合であっても自動的には消えません(原則、所有者と抵当権者の共同申請で抹消登記を申請する必要があります)。

このような場合、通常、抵当権者(金融機関などの債権者)に連絡を取り、抵当権抹消の手続きの必要書類を交付(再交付)してもらうよう依頼することになります。

なお、多くの金融機関は協力をしてくれますが、抵当権者が個人の場合は、すぐに連絡がつかないことや、抵当権者に相続が発生していることもあるため、抵当権を抹消するにあたって一筋縄でいかないケースもあります。

このようなケースにおいては、どのような方針を取るべきか個別具体的に判断する必要があるため、司法書士のアドバイスのもと手続きを進めた方が良いでしょう。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A