東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

相続登記の登録免許税は、どのように計算するのでしょうか?

登録免許税の基本的な計算方法

相続登記をする際には、登録免許税を納めなければなりません。

この登録免許税の具体的な計算方法は、次のとおりです。

登録免許税の計算方法

課税価格(A)×4/1,000=登録免許税(B)

(A)
課税価格とは、固定資産税評価額(固定資産評価証明書に記載されている金額)の1,000円未満を切り捨てた金額です。
課税価格が1,000円に満たない場合は1,000円で計算します。
例)固定資産税評価額が1,234万5,678円の土地の場合
⇒課税価格は1,234万5,000円になります。

(B)
登録免許税は、課税価格に4/1,000 を掛けて100円未満を切り捨てた金額です。
※計算の結果1,000円に満たないときは、1,000円になります。
上記の土地のケースでは、
課税価格 1,234万5,000円×4/1,000=4万9,380円
100円未満切り捨て。
⇒登録免許税は、4万9,300円になります。

土地や建物が複数ある場合の計算方法

例)土地の固定資産税評価額 1,234万5,678円
建物の固定資産税評価額  234万5,678円

〈課税価格〉
土地と建物の固定資産税評価額を合計します。
1,234万5,678円+234万5,678円=1,469万1,356円
1,000円未満を切り捨てます。
課税価格……1,469万1,000円

〈登録免許税〉
課税価格に4 / 1,000 をかけます。
1,469万1,000円×4/1,000=5万8,764円
100円未満を切り捨てます。
⇒登録免許税は、5万8,700円になります。

敷地権付区分建物(マンションなど)の場合の計算方法

例)建物(部屋)の固定資産税評価額 234万5,678円
土地の固定資産税評価額(敷地全体の価格) 1,234万5,678円
相続登記する部屋の敷地権割合 1/4(登記事項証明書から確認できます)

〈課税価格〉
まず、土地の課税価格を算定します。
敷地全体の固定資産税評価額に登記事項証明書に記載されている「敷地権の割合」をかけます(ここでは敷地権割合を「4分の1」として計算します)。
1,234万5,678円×1/4=308 万6,419.5円
小数点以下を切り捨てます。
土地の持分の固定資産税評価額………308 万6,419 円
土地の持分と建物(部屋)の固定資産税評価額を合計します。
建物(234万5,678円)+土地(308 万6,419 円)=543万2,097 円
1 ,000円未満を切り捨てます。
課税価格………543万2,000円

〈登録免許税〉
課税価格に4/1,000 をかけます。
543万2,000円×4/1,000=2万1,728円
100円未満を切り捨てます。
⇒登録免許税は、2万1,700円になります。

固定資産税評価額が「非課税」になっている公衆用道路の計算方法

相続登記をする土地の中に、公衆用道路がある場合、固定資産税評価額は「非課税」のため固定資産税は課税されませんが、相続登記の際の登録免許税はかかります。
この場合、不動産の所在地を管轄する市区町村役場に、公衆用道路の「近傍宅地における1 ㎡あたりの価額(近傍宅地価格)」を確認します。
(※)「近傍宅地価格」については、固定資産評価証明書に予め記載されている場合と、申し出により記載をしてくれる場合があります。

公衆用道路を相続登記する場合の登録免許税の計算は、以下のとおりです。
(例)
市区町村役場に確認した近傍宅地1 ㎡あたりの価額………10万円
公衆用道路の地積………9 ㎡
近傍宅地の価額に公衆用道路の地積を掛けます。
10万円×9 ㎡=90万円
上記で算出した金額に30/100 を掛けます。
90万円×30/100=27万円
公衆用道路の課税価格………27万円
この課税価格に4/1,000 をかけます。
27万円×4/1,000=1,080円
100円未満を切り捨てます。
⇒登録免許税は1,000円になります。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A