東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

公正証書遺言の調査方法

公正証書遺言があるか不明な場合、どのように調べたらよいでしょうか?

公正証書遺言のうち、昭和64年(平成元年)1月1日以降に作成されたものについては、全国の公証役場でデータベース化されているため、最寄りの公証役場において、相続人や受遺者から照会をかけて調査をすることができます(手数料は無料です)。

照会結果については、【資料】をご参照ください。

なお、昭和64年(平成元年)1月1日より前に作成された公正証書遺言の調査については、当該遺言を作成した公証役場に直接照会をする必要があります。

(※)公正証書遺言の照会調査は、郵送やFAX ではできません。

【照会調査の請求ができる人】

・法定相続人、受遺者、遺言執行者、その他利害関係人

【相続人が公正証書遺言の検索(謄本請求)をする場合の必要書類等】

1 .遺言者の死亡の記載がある戸籍(除籍)

2 .遺言者と請求者の相続関係(続柄)が証明できる戸籍

3 .請求者の本人確認資料(運転免許証・マイナンバーカード等)
  または「相続人の実印と印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)」

4 .請求者の認印

(※)1.および2.の証明書に代えて「法定相続情報証明一覧図の写し」でも可。

(※)相続人以外の者が請求をする場合は、公証役場に直接お問い合わせください。

資料1

資料2

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A