東京都新宿区新宿6丁目7番1号 エルプリメント新宿1F
メニュー

遺産分割協議書に預貯金を記載する場合、具体的な残高を書いた方がよいのでしょうか?

遺産分割協議書において遺産である預貯金を特定する場合、その後の相続手続きなどを考慮すると、具体的な金額は記載しない方が良いでしょう。

理由としては、遺産分割協議書に記載された金額と、相続発生時の残高が一致しない場合や、相続開始後に預金利息や自動引落としなどで増減が生じている場合に、金融機関の相続手続きがスムーズに行えない可能性があるからです。

どうしても記載しなければいけない場合は、「○○銀行△△支店の預貯金のすべて(○月○日現在金○○〇円)」と記載することや、金融機関の相続手続用に、別途金額の記載の無いものを作成するなど、相続手続きに影響が生じないよう工夫した方が良いでしょう。

司法書士中下総合法務事務所は、東京都新宿区の「相続に専門特化した司法書士事務所」です。
相続に関するお悩みがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

また、当事務所はホームページ経由のお客様が多いことも特色の1つです。
「はじめての相談で不安‥」「無理やり依頼させられないだろうか‥」といったご不安をお抱えの方に少しでも利用していただきやすいよう、明るく親切な対応を心掛け、初回のご相談は無料とさせていただいております。安心してお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
24時間受付中

相続実務Q&A